BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ご予約はこちら!


『ひみんぐ あるくと・であう』を
200%
楽しみたい方、必見です!!!



ヒミングの街あるきイベント、「あるくと・であう」では、
ご予約が必要なものがございます。




■「あるくと・であう」イベント限定
  松葉ちらしBOX 2/3(さんぶんのに) 特別価格 650円


一日50個限定の、スペシャルランチボックスです。
ご予約はこちら

↓↓↓

松葉寿司:0766-72-0266
(お名前、お電話、何日の何時に何個必要かお伝え下さい)

できれば前日までのご予約が望ましいですが、当日でしたら10:00~13:00までにご予約下さいませ。



■はとむぎワークショップ
『チベット医が氷見のはとむぎに目を付けた!』

 3月24日(土)13:00〜15:30  参加費2000円 

要予約お申込はヒミング事務局/info@himming.jpまたは090-3886-7669まで)

三千年の歴史を持つ伝統医療「チベット医学」。日本人初の正式なアムチ(チベット医)となった富山県出身の小川康氏。ヒマラヤを駆け巡って採取した薬草から薬を作ってきた薬草のエキスパートです。
チベット医学って?富山との意外な関係!これも薬草?…チベット医学と身近な薬草について学んだら、氷見の「はとむぎ」をベースに様々な薬草をブレンドして、「My薬草茶」作りにも挑戦します。


 
講師:小川康(おがわ・やすし)
…1970年富山県出身。薬剤師。東北大学薬学部卒業後、北海道留寿都農業高校で理科の講師、佐渡島羽茂自然学園で小中学生の指導員、黒姫和漢薬研究所で 薬草茶の研究開発、長野県で新規就農し薬草(当帰)栽培に取り組みつつ農閑期はドラッグストアに勤務。1999年、インド・ダラムサラに渡りチベット語の 学習に取り組み、2001年、メンツィカン(チベット医学・暦法大学)に合格。2009年、外国人として初めてチベット医の資格を取得し帰国。薬草が豊か な小諸に「チベット医学・薬草研修センター」を設立。

 


■氷見通(ひみつう)と行く

  「あるくと・であうツアー」


参加費無料/お買い物など各自実費です



23日(金)13:30〜15:00 

鈴木瑞麿さんと行くかつて氷見は大きな商業都市だったツアー


氷見の商店街が長い訳は、加賀藩の大きな都市だったから。昔の人が活動的に生きた街氷見を歩きながらご紹介。


■25日(日)13:3015:30 

岩瀬さんと行く“うんまいもん”ツアー


生まれも氷見、育ちも氷見の岩瀬さんが知り尽くす、氷見の玄人的魅力を覗きにいこう!


(ツアーのお申込はヒミング事務局/ info@himming.jpまたは090-3886-7669まで)






イベント期間限定のこの趣向、ぜひ皆様、ご予約をお忘れなく、存分にお楽しみください!!!


あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

コージくんの鮮やかすぎる逆襲とは?!の巻

 塩麹、巷では流行ってますね〜。

四方八方、天上天下、縦横無尽、右往左往、あ、どこまで違うかわかんない。
まあとにかく、塩麹の勢いが凄まじい昨今。

ふふふ。

ヒミング玄人の方しか知らない真実を、今ここで、もったいぶりつつ、う、う、打ち明けるぜ!

ヒミングの赤い蔵を代々受け継ぎ守ってきた堀埜家は、味噌&醤油屋さんです。
地元のみなさんの舌に遺伝子レベルで親しまれているのです。

ということは……、

ええ、ええ、そうなんです。
麹、売っているのです。
しかも「産直?!」なお値段で。(スーパーとかで買うより滅法安い!1kg800円弱!)
麹を買えば、塩麹だって甘酒だって、あなたの手中!
何人たりとも隔たりなく、各々もやしワールドの王座に是非君臨していただきたい!

そして、ド玄人の方も満足な「坂本さんの麹」もすごい。

女将ch 坂本こうじ店 from yoshiehirata on Vimeo.





こうも果てしない物語を語りまくりの氷見の食文化、
ミヒャエル・エンデも驚いてくれたはずです。この深さ果てしなさ。
もう、虚無なんて見えない!


ファルコンもさすがに遠慮がち。


で、皆様、「ん?」と、少し引っかかってくださった方、さすがです。
「ほほう〜」となった方は、敬称「先生」に値です。

「…塩麹だって甘酒だって、、、」だって???

「甘酒ってさ、麹じゃなく、酒粕で作るんじゃないの?」


スズキ、教えてもらいました。(あ、遅ればせながら私、スズキと申します。)
麹は米を甘くしていくのだと。
そして、そういうタイプの、いや、全く別格の『AMAZAKE』という世界があるのだと。


それは、想像を逸脱する美味しさでして、

「もうほんと、うんざりにも程があるわ」
「なんなの?あの人。むりやわ〜」
「なんて自分はこんなに不幸なの…?」
「こんなはずじゃなかったのに」
「もう恋なんてしない」

などなど、人の生きる道に於いて付きまとうギャップとかいろいろの、面倒くさいアレコレをまるで包み込む脅威の美味!!!


私たちの口に入るまで、麹たちが頑張ってくれてきた恩恵なんです。
ちっぽけなプライドなんて人生に邪魔っす。
よく見渡せば、活かされ活きる構図で成り立っておるんです。

そこで!

その恵みの循環を愛してやまないのが、我らがヒミング、シホちゃん&ワンちゃんの新風タッグであります!


心は富良野なの?!的鮮やかパープル。

え、何、すっごい体に良いっていう作戦、紫キャベツとか氷見のはと麦だとかカボチャの皮のギリの一番美味いとことか…って、

何なんじゃ!!!!


 こら! 美し過ぎるやろ!!!

試作のくせに、試作のくせに、、、悔しい!もだえます…ううう。
みんな美味いから困ります。


きっとあなたの体は喜ぶでしょうよ。思いやりの先は、そう、あなたです!

体がセンタリングできる「自分、ここで生きてますので!」と、腹の奥から沁みてきた感じでした。こんな味、すごいやろ?
もうどうにでもしてっ!



麹ってば、温度管理がとにかく大事やし、手間かかりそうやし、めんどくさそうやし…。
麹からしっかり作ったのうまみを知りたいなら、、、知りたい?


じゃあ、簡単な方法があるよ!

「ひみんぐ あるくと・であう」の、カフェ『きっさこ』
にいけばいい!
3日間限定だから、気をつけてね☆
麹の凄さを教えてくれるのさ。教えてもらいにおいで!



スローライフを味わえるカフェ
『きっさこ

富山県氷見市中央町14-1
3/23、24、25の3日間限定オープン  10:00〜18:00
電話:090-3886-7669(ヒミング事務局)


きっと体がビックリするよ!



あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

女ゴコロはこれで知れ!


人類が文明を得る前の悠久の昔より、ワンダーランドを繰り広げ続けてきた「女ゴコロ」の世界。

煩わしいったらありゃしないと思いつつ、もし攻略法を得れた日には、
「もっと強いソルジャーになれるぜ…」
と野望を抱かれておられる、この世知辛い社会で戦いつづける殿方!
ヒミングから朗報です☆

女ゴコロは此れで知れ!!

「此れ」とは、そう…、

『フルーツドッグ』

氷見史上初のパーラー、その名も「パーラーホリエ」。
氷見に育った乙女なら、もはやDNAに刷込まれている逸品なのだ!
そのフルーツドッグが、ヒミング「あるくと・であう」のあるきフードにノミネート!
おめでとう、皆様!!!


Let's Show How to Make!  ←懲りません


1、サッと焼いたコッペパンに、手際よく皮剥いてサクサク切ったフレッシュなアレとか、我らが王女、みかん缶のアレとかが割れ目にムリムリ!
生クリームをそのムリムリの上に、ムリムリムリッ!
で、クリームの上に神々しく君臨する、追いフレッシュなアレ。



2、どの角度から攻めるか、重々見定め、見定め、見定めて。
はわわわあ〜、アレがバレる画像だわっ!
アレの輝く照りツヤや、乙女フェロモンダダ漏れな「ゴッドブレスユー的バニリンたっぷり芳醇な香り」を堪能しつつ、決して後悔しないアプローチを探っての、、、




3、バルス!!!  あっ!ま、間違った。「ガブリ!」です。
               ↑
           ウソです。狙ってみました。 


いやあ、かっこつけつつ我が物顔で「作り方教えるよ!」みたいなこと言っといて、メイキング1枚しか画像なかった。すみません。
でも、でもですよ、このキラキラかわいい顔を見よ!
めんこいの〜。
幸せが溢れ過ぎているこの表情は、ここに「女ゴコロ」の片鱗が間違いなく存在するからなのですよ。

言い訳とごまかし。


「女ゴコロ」が垣間見るメニューや、愛情溢れる実験的で柔軟なワクワクメニューも然ることながら、
さらに皆様!驚く事なかれ!
パーラーホリエが凄いのは、まだまだ、これだけじゃないんです。


…実は、実はですよ、
もはや伝説の氷見のラーメンと唱われる、今は亡き、

「なが亭」の味を唯一受け継いでいるのが「パーラーホリエ」


なんですってばよっ! ←まだ読んだことない漫画、ナルト風に。合ってます?

私は異常なほどラーメン好きなので、おいしいラーメン屋さん情報を氷見民に聞いて回っているのです。

で、聞く人聞く人、

「なが亭は間違いなく美味かった!」
「できることなら、もう一度食べたい!」
「今まで食べたラーメンで一番美味かった」
「なが亭が無くなってから、ホリエが唯一の心の支えだった」

と、口を揃えて目をキラキラさせながら興奮している様を見ると、ぜひともその伝授された味の恩恵を受けたいと、私は切に思うのです。

いや、海津屋のも、よしだやのも、香華園のも、中谷食堂のも…みんなウマ過ぎで毎日食べたい系の愛情ラーメンなんですが、
是非、伝説の復活を遂げていただきたい!
そして、私が食べたい!!!

氷見のみんなのためにも、私のためにも、観光のお客さんのためにも、
氷見のスタンダードを知らしめていただけたら、私も氷見ラーメンフェチも、ウルトラ嬉しいはずなんです。
氷見の人ってば、本当に舌が確かなんだもの。
これはマジで驚愕です。
その氷見のみなさんが美味いって言うんだから、もう間違いないでしょー。


氷見の近代史そのものが今もイキイキと生きている「パーラーホリエ」。
もう、女ゴコロとかちっぽけなコト言ってる場合じゃないぜ、殿方。


それはさておき、
実はこちらも、みなさんの嘆願で復活を遂げ済みの、

女ゴコロちら見せ、フルーツドッグ

特別に「あるいて・であう」期間は、テイクアウト仕様で
こんなにモリモリムリムリに女ゴコロを揺さぶりつつの、、、

280円!

どうしよう。
もう、、、お口のまわりをヌラヌラにすればいいっ!!!
鼻のさきっちょにクリームつけて、「しょうがないなあ」とか言われながらステキなハニーに取ってもらえばいい!

さあ、氷見の秘宝「パーラーホリエ」へ、是非悠久ロマン求めレッツらゴー!


「パーラーホリエ(ファミリーレストランホリエ)
富山県氷見市比美町9-6
0766-72-0762


あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

あなたの知らない「まん」の世界

「あなたの知らない世界」

 あからさまにジェネレーションギャップを感じざるを得ない、このネーミング。
あ、あれね」と思ってくれた方、嬉しいっす。
うっかり見てしまったその夜、私はトイレに行くのも髪を洗うのも恐くって、父や母に命乞いに近い同伴を頼んだものでした。妄想力ってすごいんだぜ?

あ、いや、そんなオカルトな世界に連れ込もうなんて気もさらさら無くってですね、
ただ、知らない世界ってすごいんだよ?!っていいたいが為だけのタイトルでした。
すみません、出鼻っから脱線で。


で、今日の「あなたの知らない世界」はコレ!

この「まん」を侮ったら最期。もう、御愁傷様としか言えません。

その名もひみつカレーまん」!


肉まんあんまんピザまん、、、と、コンビニなど各企業ががんばって提供してくれている「まん」の血を血で洗うようなオドロオドロとギラギラな世界。
でも全てとは言えないにせよ、「まん」が好きすぎてシビア!です私。
だって、だって、、、

あんなにほっかほかなんだぜ?
敷き紙剥がすのだって、
美味い汁こぼさんように食べるのだって、
目をひんむくくらい熱い具が口腔を火傷させたって、
後悔なんてしない。
だってあなた、この寒くて寂しい夜空に、それ以上の幸せを運んでくれたじゃない!!!

って、まるで思い入れ炸裂な昼ドラですが。

もー!
「ワタシハ、チキュウジンデス」と喉をダダダとチョップしながら声高らかに言いたい!

「モウ、私ヲ、ドウニデモシテ!!!」

という台詞を吐いたなんて、「まん」の世界に対し未だかつて無かった。喉ガスガスです。

奥歯のもっと奥まで充満する幾種類のスパイスがそこにいる香ばしさ、
輝くオーラを纏ったパヒュームです。

あのですね、ご存知と承知の上であえて言わせていただくと、本当のカレーってば、薬膳を凌ぐウルトラ健康食品なんですよ。材料漢方ばっかりなんだから。


どこまでもこの興奮を書きまくりそうなので、そろそろこの辺でアレ、始めます。


Let's Show How to Make! ←今日もカッコつけたかった


1、ボールに入っているのはキーマのもっと濃いホントのカレーの凄いヤツ。純白の発酵させたアレを伸ばして、広げて、、、




2、カッポン!



3、え?ええっ?そのアレそんなに伸びるの?!熟成後なのね! え、うわ!速っ!ぶれるわっ!



4、なにそれ魔法?何か起こった?何が起こった???鮮やか過ぎてよくわかんない。




5、「はい、できましたよー」とかサラリと言うんだもの。これが噂の単位「マッハ???
フォトジェニックとかほとんど考えない、体が覚えいるからこそできるこの技。

ひみつカレー主人のユウキさんの速度のわけは、こんなふうに毎回最善を尽くすという思いやりがギュウギュウふんわりと詰まっているからなんです。
チンタラ包んでたら、手にくっ付いちゃうんです。
バシリスクの気持ちが解ります。チンタラすれば溺れて死!



バシリスクは水の上を走るトカゲです。


さらに、スパイスは現地のものを仕入れています。インドの香りを封じこめて、みなさんのお口へテレポートするんです!インドが。

それでいて、決して毎日同じことをやっているわけじゃない、
私も驚きのクリエイター魂。
クリエーターなのに基礎がしっかりしているからこその、私たちへの恩恵なのです。
こんなステキな人が、実は氷見にいるんだぜ?!ラッキーだ、皆様☆



「ひみつカレーまん」3/24、25の2日間限定!
サイズいろいろ:100〜200円くらいの気持ちいい幅で、みんなに楽しんでもらえるようなスタイル。
プラッと来てね。確実に思い出を残すぜ☆
場所:本川藤由商店前 → 旧ヤモリカフェになりました!4649っ!



…って、安くね?! いいんですか?!ひみつカレーさん。
「あるくと・であう」でしか、今のところ食べることができない『ひみつカレーまん』
恩恵を受けるなら、この日しか無い!!!


☆おまけ☆
毎週「火曜日はなんか、ちょっと、う・れ・し・い♪」と、私に唱わせ(月曜の夕方あたりからハードローテーション)、ワクワクさせてくれる
ひみつカレーの例


自分の舌の感性を本気にさせるスパイス連合軍のキーマカレーと、氷見高岡の人はたまらねえ、あの名店再現の幻のハヤシとのハーフ&ハーフ。

とか、

カレーの王者バターチキンと、遠い昔に忘れてきた少年の心・再来オムライスを抱き合わせ。ライスにはクミンシードとか丁字とかしっかりさりげなく。


そして、

なんなんだ!一つひとつ焼き上げるから回らねーだろ!とか関係ない!美味いもんを食べさせたいのよ!という気持ちがぶっちぎりで嬉しい焼きカレー。

どれもこれも、体温を小指の先の先まで温めくれるんす。血が踊るのです。私、生きているんです!と思わせる漢方っていうかスパイスってすごいわ!

彩色鮮やかなキャパを持ち、それでいて決して上っ面じゃないこの味わいを皆様にお伝えしたい!けど、アタシの文章力より食べにいけば良いんだぜ!と言いたいです。

そしたら、「おいしいよね!」って、一緒にニコニコできるもの。

毎週火曜日、日替わりで、ウットリうふふな満足ひみつカレー、700円。
しかも海外旅行に行かなくてもいいくらい、心を広く平にさせるデザートは+200円という破格!
もう、「クオリティ」って単語をぜひ、辞書で引いてほしい。


たべるしか無いっす。
あんなに舌を確かに育むご飯は、そう滅多に無いっす。

そんなカレーやさんの、生地からしっかり作ってくれたカレーまんが食べられる「ひみんぐ
あるくと・であう」なのです!!!

そして後半のしつこい文は、わたしが書きたかったんです!読んでくれてありがとう!!!


「ひみんぐ あるくと・であう」あるきフードに、3月24、25だけの2日間だけのひみつ的登場!



****************

「ひみつカレー」
毎週火曜日のみ営業:11:30~14:00
氷見市深原961-1和風すなっく『友禅』内


あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

まつバルス!開発部

「天空の城ラピュタ、観たことある人〜」


太古の科学空中浮遊都市を一気に崩壊させる「バルス」という、有名すぎる呪文の言葉があるのですが。

アレくらいに衝撃的に、今までの価値観を覆す美味さ、「松葉寿司」のちらし寿司。
もう、一口ごとに、いろんなお魚の個性が連続炸裂するという、しかも錦糸卵でブラインドゲームさながらのワクワクドキドキ。

その松葉のちらしを『あるくと・であう』用にスペシャルバージョンで提供していただけることになりました!!!よかったね、皆様☆
松葉寿司大将&我らが女将、このトキメキをありがとうございます!



『松葉ちらしBOX2/3(さんぶんのに)
要予約(松葉寿司:0766-72-0266)/3月23、24、25の三日間限定です。


Let's Show How to Make! かっこつけてみた


1、酢飯を例のアレにアレして、


2、アレをアレして、


3、干瓢や椎茸や紅生姜やアレをアレしたら、



4、ライクディス。



5、アレやアレや、え、アレまでも?!な鮮度抜群なアレをサッとタレを絡めて並べた上に、海苔をアレして、


6、あの有名な美しい金色の平原を想わせといて、終わりかな…と油断したところへの、、、



7、バルス! 鮮やかに刺されました、ハートにトドメをズッキュンと☆
この金色の平原とルビーの輝きが隠すのは、氷見の海の恵みのパラダイス的魚群!


この興奮、言葉にするとヤボだなあ、と思って「アレ」を使いだしたものの、引くに引けなくなった結果のこの怪文書ですが、女将が撮ってくれた写真群が、きっとあなたを救います(笑)。

3タイプの試作の結果、満足いっぱいのランチボックス「松葉ちらしBOX2/3(さんぶんのに)」、
他にもおいしいあるきFoodがたくさん待っていますので、ボリュームは通常の2/3ですが、
お値段はなんと、1/2以下の、、、

ビックリ特別価格、650円!


どうしよう、
このブログ、書いててヨダレが止まらない…。そして私の口調が通販ぽい…。

「あるくと・であう」当日まで、皆様お楽しみにお待ち下さい〜☆





あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

商店街で遊ぼう!『あるくと・であう』



『あるくと・であう』 
3月23日(金)、24日(土)、25日(日)
10:00〜18:00

商店街は、生き物達が作り上げる深い森のような場所。

人と、モノと、歴史とがからみ合って息づく場所。

新たな視点で街をあるいてつくった「あるくと・であうマップ」を会場でGetして、商店街へくりだそう!
昔ながらの店、期間限定のイベントやアートの展覧会などなど。
歩くと、であう。であうと、気づく。気づくと、変わる。
今まで知らなかった街と出会い、街と遊ぼう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼ヒミング百価店
ここじゃないと買えない!こんなものがあったの?! など魅力いっぱいの商品を商店街からセレクトして展示!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼あるくと・であうマップ基地(ヒミングアートセンター 氷見市北大町7−6)
通しか知らない町の深い情報マップを壁面いっぱいに展示。facebookでも情報を集めたり、発信したり、ライブ感あふれるまち歩きを提案します。

▼氷見通と行く あるくと・であうツアー
1人で町を歩くのも楽しいけれど、地元の人と歩けばさらにおもしろい町と出会えます。町中に密かに展示されている、アーティスト藤浩志さんの作品とも出会えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼はとむぎcafé
JA氷見市とコラボで期間限定オープン!お茶だけでなく、食べても美味しい氷見はとむぎ をぜひどうぞ。

▼ワークショップ『チベット医が氷見はとむぎ に目を付けた!』 
3月24日(土)13:00〜15:30 参加費2000円 要予約
富山県出身、日本で唯一のチベット医・小川康氏による体に良いオリジナルはとむぎ茶を作るWSを開催。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼わらわら  3/24,25のみ
氷見市床鍋地区のわら細工名人・中沢文子さんを中心に、わらを使ったオリジナルグッズを実演販売。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アートも町なかに
日比野克彦ワリバシドブネ展示
氷見市立朝日丘小学校4年生が、ワークショップで制作した「割り箸製ドブネ(木造和船)」を展示。また、今や大変貴重な鋸や船釘などの船大工道具も造船現場で特別展示します。

ガラス造形作家「本郷仁 作品展示」
漆工芸作家「小川太郎 作品展示」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商店街には、地元の美味しいものがたくさん
町中で買って、焼いて、食べられる場所が出現!!

▼七輪ポイント&鉄板焼きポイント
干物、かまぼこ、お魚、氷見牛、イカ、などなど何でも焼けます。地元の人との井戸端会議をしながら、地酒片手に、熱々の美味しさを堪能です。

▼魚屋さんの定食つくれます
商店街の魚屋さんには、一人前からお刺身や、焼き魚がそろっている。好きなものを買って持ち込めば、ご飯とお汁をお付けして定食でいただけます。
ご飯+お汁+お漬け物:200円

▼あるきfood
テイクアウトできる一押しの美味しいものご紹介します。歩きながら食べるって、思っている以上に楽しい! 
あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

第4回「歩きであい部」 歩きました!

今回もチームに分かれて歩きます。


どこへ〜と打ち合わせ中。


雪がちらつく中、出発〜。


商店街で何やらにぎやかな声が、、、


ショーウインドウに釘付け。


吸い込まれるように


みんな、入っちゃいました〜♪上田さん、パチリ!


こちらのチームは、北大町方面へ。


高澤酒造さんだ〜。


高澤酒造のお父さんが、快く蔵を見せてくださる。わかりやすく、説明も。


「一度、見てみたかった〜!」と、真剣!








中では、プクプクと発酵が進んでいる。いい香り〜に浸る。


もうすぐ、蔵開き。






あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

第4回・歩きであい部開催します!

「あれ?ちょっと前にお正月だったと思ったら、もう2月なの?!」

と驚かれた方、朗報です!
2月もやります、歩きであい部。

今回は、であった街の方々とお茶でも飲んで、いろいろお話ししながら、
もっとディープにいきましょう。


『第4回・歩きであい部』
日時:2/12(日) 13:30
集合場所:ヒミングアートセンター(13:30までに)
持ち物:デジカメ、スマートフォンがあればなお面白いです



※歩きであい部開催に伴い、2/12(日)のヒミングカフェの営業はお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいませ。

2/11(土)の営業は『スープフェア!』絶賛開催中です!
是非お出でくださいませ☆



あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

第3回 歩きであい部です。

歩いてであったもの。商店街の壁面マップ、ずいぶん埋まったきましたよ。

第3回目のグループ分けは、「目線」。
 

「カメラ好き目線チーム」「学生目線チーム」
「国際的目線チーム」「ものづくり目線チーム」
ってことで。


歩きであい部も3回目となると、かなり慣れた様子。
でも、まだまだ知らなかったことがいっぱい。

「ものづくり目線チーム」


村上松風堂。乙女心をくすぐるかわいいマシュマロ発見。


上田さん、日用品アイテムがずら〜りときれいに並べられてる。
ツボにはまった手拭いに迷い中。


「国際的目線チーム」


なんと、堀与商店にて、、、、八つ目うなぎゲット。口がキモカワイイ。。。

「学生目線チーム」
まったりくつろいでます〜。合流。山代、チョーさんとも言うそう。


たこ焼き屋さんなんですが、煮豆とあんこも超おいしい。


で、買っちゃいました。


成果発表。
それぞれの目線に「ホホウ〜へえ〜ウハハ〜。」


2月も「歩きであい部」開催します。参加してみてね〜。




あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

第2回目も、歩いてであいました。

 おかげさまで、12/11(日)の歩きであい部も、無事終了いたしました。
今回は、商店街に潜む(?)実はおもしろいもの、実は魅力的なもの、そんな商品をみんなで探しにいくというものでした。


そして実際に買ってくる!レッツ狩り!


いろいろなモノが集まりました。

人の数だけある、多彩な価値観!


その後、歩いてであった人やエピソードを紹介しあって、

みんなで感想を言いあって。


どうしても車社会の氷見、地元の方でもゆっくり商店街を歩いてお店を巡るということが少ないようで、
この歩く速度かつ等身大での出会いと発見は、今回も全部ひっくるめて刺激的でした。


「サイトスぺシフィック・アート(その土地に帰属する、そこ特有のアート)」という言葉がありますが、
当たり前なんだけれども、アートだけじゃなく、人も町も同じで、
ここ氷見の「サイトスペシフィック・ライフ」の片鱗を体感する経験を得られたら、
もう既に、アートが生まれる始まりの地点なのかもしれません。



氷見体感済みな皆さんの笑顔!(炭谷さん撮影)


ご参加下さったみなさま、ありがとうございました!!!!!
追体験はコチラで☆


これらの活動は3月に予定しています「ヒミング百価店」につながっていく予定です。



あるくと・であう町のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |