BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 9月のカフェ営業日のお知らせ | main | 待ちにまった、マコモタケ収穫! >>

【食通】氷見→高松「つくる・おくる◆廛譽檗璽函

みなさん、こんにちは!
9月22日(月)は「食通 - Food correspondence -」〈つくる・おくる〉の第二回目でした!あっという間に、2巡目ですね〜。

まずは、氷見側メンバーで何を送るか作戦会議!
9月の氷見と言えば、獅子舞!この時期の氷見では、週末になると各地域で獅子舞がおこなわれているんです。ということで「祭」をコンセプトに、祭ではどんな食材を使うか?どういった料理を振る舞うか?ということを軸に、高松におくるメニュー考えていきました。
そして決定したメニューはこちら!

・お神酒
・小バイの旨煮
・昆布巻きかまぼこ
・鯛の細工かまぼこ
・煮〆
・赤ずきの酢の物
・金時豆のおこわ
・みそ汁団子
・あんばやし
・どんどん焼き

 
なんと10品!前回より増えましたー。
そしてそして、今回は演出にも力をいれてみました!氷見の祭ではお馴染みの「花紙」にお品書きを書いてもらい、氷見の祭に参加している気分を味わってもらうためにDVDも同封しちゃいました!

 
お神酒は、地元氷見の酒蔵さん「高澤酒造場」さん。
お店の方に相談したところ、オススメしてもらった「獅子舞」というお酒を送ることに。
小バイの旨煮は、新湊の仲買さんから。煮付けてもってきてくださいました!

 
昆布巻きかまぼこ・鯛の細工かまぼこ、與市郎さんから。
富山のかまぼこは、ぐるぐるとうずまきのカタチが特徴。昆布の味と風味が均一になるよう生まれたかたちなんだそうです。富山の知恵だなあ。
鯛の細工かまぼこは、祝い事のときに大活躍!引き出物などに利用されることが多いそうです。
ちょっと前までは、とても一人では食べきれないくらいの鯛かまぼこ(大きいものでは5kgくらい!)が定番だそうで、切って近所にお裾分けをしていくんだそうです。あげる部位で印象も変わるんだとか。笑
最近は小さめサイズも売られているので、今回はそちらを送りました◎
 
煮〆は、参加メンバーの倉田さんが担当してくれました!初めて知ったのは「すだれ麩」の使いかた。「すだれ麩」とは、板状ですだれ状になっているもので、みんなどう調理しているんだろう?と思っていた食材。煮物に使うと、美味しいおつゆをたっぷり含んで、ふっくらとても美味しい!倉田さんの味付けもばっちりで、これは香川の人に喜ばれたこと間違いなしでしょう!

赤ずいきの酢の物は、まちの先生をお呼びしてご指導してもらいながらつくることに。砂糖と酢で、あまじょっぱくしていきます。
初めて生のずいきを見た!里芋の茎の部分です。根っこの部分は、みそ汁団子に使います。


電子レンジで温めて、酢をかけると真っ赤になります。


切っている手も、赤く(黒く?)なりました。ふふふー。


金時豆のおこわ。氷見では、祝い事の場面ででてくるのは金時豆をつかった赤飯なんだそうです。大きい豆ともち米で、少しの量でもお腹いっぱい!初めて食べたとき、そのご飯の甘さに驚きました。香川の方々はどうだったんだろう?
おこわは、ヒミングスタッフのヨロさんがつくってきてくれました!食べたことはあるけどつくったことはない…というヨロさんでしたが、今回香川に送るのが決まったのをきっかけに、米をムラなく色づけするコツや甘さ加減など、色んな方からつくりかた・アドバイスをもらいつつ習得したんだそうです。つくりかたを改めて学ぶ機会にもなっています!
みそ汁団子は、団子と赤ずいきを入れていただきます。
つくるメンバーの清水さんが、赤ずいきは古い血を洗ってくれると言われていて、産後で入院している女性に差し入れで持っていく定番食材なんだよ〜と教えてくれました。

あんばやしは、串に差したこんにゃくを味噌ダレでいただく、昔から続く定番の屋台メニュー!
こんにゃくは、うすーーーく三角に切って、串に差していきます。お湯で湯がいて、そのままパッキング。


味噌ダレは、氷見市立南部中学校(ナンチュウ!)に伝わるレシピでつくっていただきました!
しょうが、味噌、砂糖を煮詰めていきます。
あまりにも美味しかったので、送るメニューではないですが、つくるメンバーでミョウガと里芋をみそで焼いて食べました。おいしかったー!


どんどん焼きも、定番屋台メニュー!今回はうっすらピンクですが、屋台はもっとピンク!です!なぜピンクなのか?というのは、みんなはっきりとは分からないそうです。おめでたさ、が表現されているのかも?


つくるメンバーで試食会。この時間も楽しいのです。


最後はお手紙を書いて、梱包作業。


今回は制限重量もなんなくクリア!ほっ。(体重計に乗って測りました。)
Seto Kitchenさんからのお返事が楽しみです。今度は来月!〈食べる〉会です!お楽しみに〜!
ワークショップ&レクチャー | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする