BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< アン・サリー、Robin's Egg Blueライブ開催決定! | main | 8/3、ヒミングカフェが早仕舞いするそのワケは…。 >>

エヤサーエヤサーッ!!! 『藝術定置網エヤサー!2013』いよいよ!

今年で第二回目となりました、『藝術定置網ヱヤサー!』


展覧会、演劇、ワークショップ、パフォーマンス、野外ライブなどなど、

今年も「積んで積んで積んで積んで、山の如し!」です。


■ライブ

出演者:アン・サリー、Robin's Egg Blue

8月3日 開場 16:00 開演 17:00

前売券発売中!3500円/当日4000円

公演名:藝術定置網ヱヤサー!2013

会場:九殿浜展望園地

「おおかみこどもの雨と雪」の主題歌でおなじみ、アン・サリーさんと、

NYで活躍中するフォークロックバンド、Robin's Egg Blueが、海沿いの丘の上でライブ!

(ライブのあとには、氷見の花火大会もあるんです!)

 

チケットはヒミングアートセンター(木〜日11:30-17:00 open)ほか、チケットぴあ、オレンジボイスファクトリー、アーツナビ、イープラス

でもご購入いただけます。絶賛発売中!



■山田創平 講演・パフォーマンス・座談会

8月8日 阿尾の番屋にて


地域史も専門とする都市社会学者・山田創平氏が、水を手がかりに富山・氷見をリサーチします。そこから得た様々なエッセンスから、この氷見をひもとくプレゼンテーションです。


さらに関西より、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、山中透など、豪華メンバーが加わっての、大きな循環と愛にあふれたアートパフォーマンスは必見です!不思議できらめく夕暮れ時を体験しましょう。

  

水を飲む performance 水図_2013



パフォーマンス:宮階真紀(カウパー団)/u-ta/ブブ・ド・ラ・マドレーヌ
コンセプトデザイン:山田創平
サウンドデザイン:山中透
映像:松浦莞二/河原功也
衣装:梅原彩香
制作協力:雨森信/NPO法人BEPPU PROJECT/京都造形芸術大学芸術表現・アートプロデュース学科/京都精華大学山田創平研究室


私たちの意識を広げる新たな見解を知れば、もっと暮らしが瑞々しくなることでしょう。

私たちは何ものなのか、どこへ向かえば良いのだろうか、ゲストを囲んで座談会も実施します。

8月8日 阿尾の番屋スケジュール


17:00:山田創平による氷見調査内容のプレゼンと質疑応答

18:30:パフォーマンス「水を飲む 水図_2013」(約40分間)

19:30:座談会



■けんちく体操 ws

2013年8月11日(日) 13:00〜15:00

会場:氷見市海浜植物園

あの「けんちく体操」が、氷見にやってくる!大人も子供も、みんな集まれ〜☆

(参加費無料!)



「けんちく体操」とは、建物の形を身体でマネをするものです。




■展覧会

7月27日〜8月11日

会場:松田江浜、海浜植物園前松林、旧海鮮館

 

海辺が展覧会場だ!


山本高之(やまもと たかゆき)

小川智彦(おがわ ともひこ)

番匠光昭(ばんしょう みつあき)

坂口直也(さかぐち なおや)

田中冬一郎(たなか とういちろう)

田面遙華(たづら ようか)

スズキ ジュンコ

平田哲朗(ひらた てつあき)



■演劇

8月 2日(金)、4日(日)、6日(火) 全3公演

劇団血パンダの初公演!作品名は『発見』。

開場19:00 開演19:30

氷見市旧海鮮館内/入場料500円/各回30名限定




■建築カクテルBAR

8/10(土) 18:30 -21:30


一夜限りの建築カクテルBARが、ヒミングecotoで開店します!


※限定10席/カクテルは有料です。




展覧会とアーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://himming2008.jugem.jp/trackback/725
この記事に対するトラックバック