BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 酵母とつながる COBO生活はじめよう−ウエダ家− | main | 北日本新聞さん、掲載ありがとうございます。 >>

sugar production  森は静かな工場 丸谷芳正展

富山の木を使って、家具を作る。

太陽の光と二酸化炭素と地下深くをながれる水とが、富山の木を育てる。

電気も工具もない山の中、何十年もかけて育った木を使うということ。

家具をつくる、ということは、森や太陽や雨や土や土壌菌と時間を超越して繋がることかもしれない。

 

展示されているのは・・・・



電気をつかわないで、木を削る道具・・・



脚でバタバタ踏んでみれば、ローテクさに驚くとともに、知恵の深さにも驚く。



入り口正面の大きな大きな杉のテーブル。

2階には、なんともいえずすわり心地の良い別のテーブル。
・・・あ、テーブルなのですわり心地ではないのかも、でも、座って肘を付いて、そこで誰かとおしゃべりしてみたら、私の言っていることが「あ・・なるほど!」と判っていただけると思う。

この2階においてあるテーブルは、ヒミングアートセンターでぜひぜひ見て触って。
だから、画像はナシです。(笑)

本日、18時からオープニングパーティーです。
いそげ!!
会費は1000円(学生さんは800円)

場所は、ヒミングアートセンター。
展覧会とアーティスト | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/06/06 12:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://himming2008.jugem.jp/trackback/369
この記事に対するトラックバック