BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 将来クリエィティブな仕事をしたい人のための本当の話Vol.2 | main | モーリーロバートソンさん、ヒミングに現る! >>

もとひら了さん レクチャー&話す会 開催しました。

「中学生の頃から小説が大好きで、
高校生になって映画と出会い、隠れてよく観に行ったものです。

大学から東京に出て、アニメーターのアルバイトをしたのがきっかけで
大学を中退し、それからずっと、アニメの世界に入りました。」

という出だしで始まった、もとひらさんのレクチャー。



お寺の後継ぎだった、もとひらさんが、氷見を飛び出して
アニメの仕事を選んだというお話しに
参加した高校生、大学生、大人までも、ぐんぐん引き込まれていく。



アニメーターとしてスタートしてから、「ドラえもん」のチーフディレクターとなり、
さらに「クレヨンしんちゃん」の脚本を手掛け、多数の作品を創りだされた。

多くの世代に愛されている「ドラエもん」や「クレヨンしんちゃん」。



「東京にいようが、氷見にいようが、
自分の大好きなことを仕事にすれば楽しいし、それで生活が成り立つのなら。
どんな仕事だって、辛いこと、苦しいことはあるけれど、
好きなことが仕事だったら、それを乗り越えて頑張ることができる。」とおっしゃる。

30年間、ずっと大好きなアニメを仕事とされた、もとひらさん。

4年前にお寺を継ぐために氷見へ帰ってこられて、
現在は、氷見市三尾の空誓寺のご住職である。




もとひらさんが一番お好きだという、
映画『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』や
映画『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王
どれも記憶にあるなあ〜。



みんなほんとに楽しんで、お話を聞かせていただいた。





そして、レクチャー終了後のこと。

ヒミングスタッフで作ったという、レクチャーPRのための看板。



その看板を見て、もとひらさんご夫妻が大爆笑!!!!!!!!!!!



何かが、変!!!!!!!!!!

わかりますか〜笑・笑・笑



「これじゃあ、ドラえもんがほっかむりしてるみたいだよ〜。」
と、もとひらさんが手直し。



あら、まあ〜なんと!!



これですよ〜。




なにやってんだか、、、

もとひらさん、どうもありがとうございました。
参加してくださった皆さま、どうもありがとうございました。




ワークショップ&レクチャー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://himming2008.jugem.jp/trackback/339
この記事に対するトラックバック