BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< クリコベリ、彫ってます! | main | YATTONNGA!企画 さざなみ >>

天空の森 シイタケのホダ木つくり

今朝は土砂降りだったという、氷見市国見地区の「天空の森」
天気予報も雨だったんだけど、雨は上がりました。
そして、10時から、間伐材を使ったシイタケの菌を打って
ホダ木作りが始まりました。


電動ドリルで穴をあけ、シイタケの菌がはいった木のペレットを埋め込みます。
ドリルでの穴あけは垂直に。
あとはペレットを木槌でトントン。
結構シンプルな作業に、大人も子供も黙々と、どんどん作業が進みます。


今日参加していただいた多くのみなさんは、リコーの社員の家族のみなさん。




魚津から参加してくれた男の子。トントン。うまい。


4人で参加して下さったご家族。以前シイタケの原木を、お風呂においておいたら、どんどんシイタケが出ておもしろかったとか。
「シイタケ風呂もいいよね〜」なんて、おもしろい。


指導していただいたのは、八代地区のみなさん。頼もしい。


そして、森林サポーターの正木さん。ヘルメットに眼鏡。さすがです。


シイタケが出てくるのは、来年の秋ごろ。それまで日陰の湿り気のある場所でじっくり待機です。菌が木に隅々まで行き渡り、あちらこちらからシイタケがムクムクと出てきます。菌が打った場所からではなく、どこからともなく出てくるすがたは、おもしろい。

そして、山って本当にいい気分になる。
今日寒そうだな〜。家にいたらあたたかいだろうな〜。なんてやわな事を思っていた私の気持ちを、すっきり、気持ちよくさせてくれました。
そして、シイタケ風呂の話をしたり、ワハハッって笑って。うん、最高!

私にとっても久しぶりだった天空の森。
普段の、自分たちの暮らしの範疇を少し超えるのって、ちょっと気合いが必要だけど、
それを超えるとすごく新鮮でキラキラした時間が待っている気がします。


農や森や山のこといろいろ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://himming2008.jugem.jp/trackback/242
この記事に対するトラックバック