BLOG himming

氷見をアートするヒミングのてんてこまいな毎日を綴るブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 北日本新聞さん、富山新聞さん、北陸中日新聞さん。掲載ありがとう | main | こっそりおじゃま・・・ >>

ヒミング&八代環境パトロール隊

富山県の「県民による森づくり提案事業」にヒミングと八代環境パトロール隊とで、提案した森作りプランが選ばれました。

今年、ヒミングは、石蔵のアートセンター化だけでなく、天馬船造船だけでなく、森作りもします。



ヒミングにとっては、氷見の海も山も里も町も人も、すべてがアート。
そんな目で、氷見を眺めると、氷見はとても素材あふれる場所です。
そして、それらがすべて、気持ちよく互いに巡り、循環したらもっといい。
ヒミングでは、アートの目を通して、循環型社会を目指したいと思っています。

昔は、すべてのものが、地域の中でまかなわれていたと思うのです。
その地域で必要とされるものは、その地域で生産されるものだった、ということです。
わかりやすく言えば「地産地消」、漢方的に言えば「身土不二」、そしてヒミング的に言えば「生態地域主義」。

天馬船は、その象徴です。氷見の森の木が、天馬船となり、氷見の海で使われ、氷見の魚を捕って、氷見の人たちが食べる。舟は、やがて朽ちて土に還る。天馬船を創る為に、山に入り、木を切る。切り出された場所は、光が入る。涼やかな森になり、山の環境が良くなる。山のぼか杉が切り出され、広葉樹が植林され、その葉っぱは腐葉土となり、川の力によって海にミネラルを運ぶ、海はミネラル豊かとなり、魚が育ち易い環境が作られる。

壮絶に長い時間が必要なプロジェクトですが、始めないと始まらない。
だから、ヒミングも山の人たちと一緒にやってみよう、と思ったわけです。

今回の森林整備の場所は、昨年のヒミング・2007の天空ヒミオトフェスを開催した天空平のすぐ近く。たくさん植えられているアカシア(ハリエンジュ)の林を、みんなの憩いの場所にする計画です。初回なので、山が初心者というひとにも楽しんでもらえる計画にしました。

ドンドンこの活動が続いて拡大していって、いずれ、ヒミングチェーンソー部隊にまで、発展していって、ぼか杉をどんどん利用できる組織作りができたらいいなぁ・・・。

さぁ、まずは、楽しく山に入ってみませんか。

日程は3回あって、1回だけの参加もOKです。
 6月8日(日) 6月21日(土) 7月5日(土)
 午前9時40分〜午後2時ごろまで。雨天でも決行です。
 持参していただきたいものは、
  おにぎり、長袖、長ズボン、長靴、軍手、タオル、雨合羽、水筒、鎌。
 参加費は、1人500円/回(保険料分、かぶす汁付)
 参加対象は、小学生〜大人まで。
 (小・中学生は保護者同伴でお願いします)


林の中で、森林ヒーリング!!

お問合せ・お申込は、メールにてコチラまで。
農や森や山のこといろいろ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://himming2008.jugem.jp/trackback/15
この記事に対するトラックバック